HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

快適な家づくりには、
高断熱高気密が不可欠

<断熱気密をアップして、暮らしやすい家の実現へ>

いざ「家を建てよう」と思うと、色々と夢が広がります。見た目のデザインはもちろんのこと、機能性にも配慮した暮らしやすい住宅を計画すると思います。暮らしやすさの要素としては、まずは冬場でも暖かいというのがあります。他にも部屋によって寒暖差が少なく空気のキレイな家や、それでいて光熱費の安い家という要望もあるでしょう。実は今ピックアップした暮らしやすい家の要素は、すべて断熱気密を高めることで実現が可能です。

<断熱と同時に気密を高めないと意味がない>

断熱とは文字通り、「熱」を「断つ」工法です。そのやり方は大きく分けて2つ。1つは充填断熱と呼ばれるもので、柱などの構造材の間に断熱材を充填します。壁の内側を利用するため低コストに行えます。もう1つは外張り断熱です。家の外側をくるむようにして断熱材を張っていきます。どちらの工法もメリット・デメリットがありますが、家の中と外との環境を分け、熱を伝わりにくくするという目的は同じです。

 

 

断熱効果が高まるほど、外気の温度変化に影響を受けにくくなります。しかし断熱だけを施しても意味がありません。同時に、気密性を高める必要があります。気密とは家の隙間をできる限りなくして、家の中と外の空気との交わりを断ち切ることです。気密性を高めることで、空気が外へ逃げ出さないようになり、快適な室温が保たれた暮らしやすい状態になるのです。

また壁の中に湿気が入り込むこともなく、壁の中で結露が発生する心配もありません。
もちろん隙間風を感じることもありません。

 

 

<断熱材を組み込んだプレウォールをご提案>

気密性を高めるというと空気がこもってしまうと考える人がいますが、それは誤解です。今は24時間換気システムの導入が義務付けられており、ちゃんと換気が行われておりますので空気がこもることはありません。
それどころか、気密を高めることで計画換気が行いやすくなり、部屋の隅々まで快適な空気を保つことができます。高気密高断熱とともに計画換気を行ない、快適な室温と湿度を保った住宅を作っていきましょう。

当社では断熱性能の高いプレウォール工法を用いて、気密性にも優れた住宅を提案しています。「施工段階で断熱材を入れ忘れた」という失敗談をたまに耳にしますが、プレウォールは断熱材を組み込んだパネルのためそのようなことは起こらないのでご安心を。気密性能も建築時に測定で明らかにしていきます。いつまでも快適に暮らせる家のために、断熱と気密を正しく施した家を計画してくださいね。

 

 

 

 

 

トップに戻る