HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

【補助金】グリーン住宅ポイント制度がスタートします!

新型コロナウイルスによって低迷した経済の回復を図ることを目的として、政府が新たに緊急経済対策を発表しました。それが「グリーン住宅ポイント制度」です。一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームなどが対象となり、なんと新築住宅では最大40万ポイントを受け取ることができます。

種類はいくつかありますが今回は新築住宅にしぼって、どうすればポイントがもらえるのか解説していきます。

 

1.対象となる契約

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した住宅が対象となります。

 

2.対象となる住宅

表の通り、認定長期優良住宅・認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅・ZEHいずれかの認定を受けた住宅は40万ポイント、国が定める省エネ基準を満たした住宅であれば30万ポイントが発行されます。どうやって認定をとるの?省エネ基準ってなに?と思われている方!現在検討中の住宅会社さんにすぐ相談してください。認定のこと、基準を満たすためにはどのような性能や仕様が必要になるのかなど、教えてもらえると思います。

そしてこれから紹介する特例を満たしていれば、さらにポイントの加算が見込めます。特例の内いずれか1つに該当していれば最大100万ポイントがもらえます。

①東京圏からの移住するための住宅

②多子世帯が取得する住宅

③三世代同居仕様である住宅

④災害リスクの高い区域からの移住

特例に当てはまればもらえるポイントが大きく増えるので、当てはまりそうな方は検討してみてはいかがでしょうか。それぞれの詳細は以下の通りとなっています。

3.ポイントの交換

発行されたポイントは「商品」又は「追加工事」の代金として使用することができます。

「商品」はまだ選定中のため決まっていませんが、子育て関連商品や省エネ・環境配慮に優れた商品などが対象になる予定となっています。

そして注目なのが、ポイントを「追加工事」の代金として充てることができるというものです。該当する工事は、新たな日常に資する追加工事と防災に資する追加工事に限定されています。例えばテレワークスペースを設けたり、そのためのインターネット環境や空調環境を整えたり。またタッチレス水栓の設置、家事がラクになるビルドイン食洗機の導入や太陽光発電の設置など、幅広い工事が対象となっています。もらったポイントをそのまま建築費用に充てることができるのは、非常にありがたいですね。

グリーン住宅ポイント制度を活用すれば、省エネ性能を満たすことが必須となりますので、光熱費の削減や健康な暮らしも同時に手に入れることができます。

新型コロナウイルスの影響で、今までの生活を振り返ったり、新しい生活スタイルを取り入れたりと、働き方・暮らし方の大きな転換期となっています。この制度を上手に利用して、ポストコロナの生活を快適に過ごしていきましょう。

グリーン住宅ポイント制度、ぜひご活用ください。

 

【関連記事】

▷断熱性能の高い家づくり【Part.1】

▷高断熱住宅のメリットとは?

ウッドリンクLABO ウッドリンクLABO ウッドリンクLABOYoutubeチャンネル ウッドリンクLABO ウッドリンクLABO ウッドリンクLABO
トップに戻る