HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

インナーガレージに憧れる!

<幅広い用途のインナーガレージ>

家づくりを考え始めたとき、インナーガレージを採用するかどうか迷う人も多いのでは。インナーガレージとは、建物内部に駐車スペースを確保したものを指します。

車やバイクが好きな人だけでなく、家族団らんや趣味のスペースなど幅広く使うことができます。今回はそんなインナーガレージについてポイントをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

 

 

<愛車がすぐ近くにある幸せ>

インナーガレージを採用すると、「1階の居住スペースが狭くなってしまうのでは?」と心配になるかもしれませんね。でも大丈夫です。間取りを工夫すれば、狭さを感じることなく、家族と車を近づけ、便利で楽しい空間を手に入れることができます。

車やバイクが趣味の人であれば、愛車の手入れなど趣味のスペースとして活用することができますね。愛車を雨風から守ることもでき、メンテナンスに必要な道具を置くスペースも確保できます。

防犯面が不安であれば、シャッターを設けておくようにしましょう。プライバシーの確保もできます。

 

<雨の日でも濡れずに車に乗れる>

インナーガレージの1番のメリットは、雨に濡れることなく車へ乗り降りできることかもしれません。

設計段階でインナーガレージから直接居住スペースへ出入り可能にすれば、利便性を大きく高めることになります。雪が降る北陸地域では、車の雪下ろしが不要になります。スノータイヤの保管場所に困ることもありません。

また、ガレージtoキッチン導線ならば、車から買い物した荷物を運び込むのもとっても楽になります。

 

 

<防音や換気の対策が必要>

もちろんインナーガレージにすることでデメリットもあります。建物内でエンジンを掛けるため、車の振動・騒音の問題が生じます。設計でガレージと隣接する部屋に寝室を配置しないようにしたり、防音対策を取ったりすることで解消されます。

排ガスが発生するため、換気扇を設置するなど換気できる環境を作ることも大切です。車がEV(電気自動車)なら、エンジン音、排ガスもなく、インナーガレージとの相性ピッタリ。

また、先にもでてきた居住スペースの問題も、水回りを2階に設けるなどの工夫で解決できます。

車の出入りのしやすさも考える必要があります。入庫後の乗り降りや作業空間を考えれば、ある程度余裕を持った広さで設計したほうがよいでしょう。

柱や壁のない空間は耐震性が弱くなりますが、周囲の壁の耐震性を高め、地震に強い建物を建てることができます。長期優良住宅の認定を受けることも可能です。

 

<車が屋内にある安心感と利便性は大きなもの>

北陸型木の住まい研究会会員企業にも、インナーガレージを得意とする会社が多数在籍しています。

富山県のアシストプラスアルファ株式会社さんの施工事例

 

石川県の株式会社ヤマダタッケンさんの施工事例

 

新潟県の信越工業株式会社さんの施工事例.1

 

インナーガレージは車愛好家の人が建てたものから、家族や仲間との趣味を共有する場所にしたり、

子供たちの遊び場にしたりなど、使用用途は多岐に渡ります。

 

こだわりが強くなるとその分費用は高くなりますが、建物の中に車を保管できる安心感と利便性は、大きなメリットになりますよ。

トップに戻る