HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

24時間換気は本当に必要?

<高気密高断熱住宅は24時間換気が必須>

これから住宅を建てられる方の多くは、高気密・高断熱を選択すると思います。ここで一つご注意を。高気密高断熱住宅に住み始めてから、絶対にやってはいけないことがあります。それは、「24時間換気を止めてしまうこと」です。

24時間換気とはその名の通り、一日24時間機械を動かして換気し続けるというものです。キッチンのレンジフードやトイレ・浴室にも換気扇がついていますね。これらは局所換気システムと言い、一時的に大量の湿気や臭いの発生する場所に設置してあるものです。それらとは別に2時間に1回の割合で、家の空気を丸々外の新鮮な空気と入れ替えるのが24時間換気(常時換気)です。

24時間換気を止めてしまう方の言い分は、「電気代がもったいない」や「給気口の近くは外気が入ってきて寒い」などといったものです。そういった考えもわからなくもないですが、果たしてこの話を聞いた後でも24時間換気を止められるでしょうか?

 

<一日で取り入れる空気の約9割が室内のもの>

私たち人間は、なんと1日に約20kgもの空気を体内に取り込みます。しかもそのうちの約9割が室内の空気です。食べ物や飲み物を含め人間が一生涯で摂取する物のうち、室内の空気は57%をも占めます。

 

ではここで質問です。外の空気と室内の空気では、どちらがより汚れていると思いますか?それは断然、室内空気です。私たちが呼吸する時に生み出す二酸化炭素をはじめ、料理を作った時に発生する燃えカス、シックハウスの原因になる化学物質、カビの胞子やダニの糞といった雑菌もあります。換気を行わない部屋で暮らすということは、人生の大半をこういった汚れた空気の中で過ごすことになるのです。

ではここから、換気が持つ重要な役割を見ていきましょう。

 

<換気の役割>

1 有害物質(VOC・化学物質)の除去

VOCとは揮発性有機化合物のことです。接着剤や塗料に多く含まれています。急速に普及した新建材に含有していたため、頭痛やめまいを引き起こすシックハウス症候群が問題となりました。それを受け、2003年に建築基準法が改正。新しく建てられる住宅への24時間換気の設置が義務付けられました。

現在は建材に使われるシックハウスの原因物質の規制も行なわれていますが、建材以外にも香水や化粧品、ヘアスプレーなど化学物質の含まれているものが大量にあります。これらは化学物質過敏症の原因となります。換気を継続的に行わないと、有害物質を常に身体へ吸い込むことになるのです。

 

2 二酸化炭素濃度の低減

私たちは呼吸をすることで二酸化炭素を放出します。換気を行なえば二酸化炭素は外へ出されますが、換気を止めてしまうと濃度が上昇することになります。欧米の研究では換気率が低く二酸化炭素濃度の高い環境の場合、子どもの集中力や計算力、記憶力へ影響を与えるという報告があります。脳内活動には良質な酸素を多く必要とします。集中力がない、物忘れが目立つなどの理由には、二酸化炭素濃度など空気の質も深く関わっている、そのことが実証されています。

 

3 湿気の排出

炊事・洗濯・入浴など水を使うことにより、家の中には湿気が発生します。湿気は私達自身からも発生します。換気をしないと室内に湿気が溜まり、結露を起こします。結露はカビやダニの発生につながり、壁の中で結露が起これば家の寿命を縮めることになります。

 

4 臭いの除去

生活することにより、様々な臭いも発生しています。換気をせずにいると臭いが室内にこもり、不快な家となってしまいます。

 

5 ハウスダストの除去

室内の空気中には、肉眼では見えないほど微小なハウスダストが浮遊しています。中でもカビの胞子やダニの死骸や糞などは、人体に有害なアレルゲン物質です。それらは人が部屋の中を歩くたびに舞い上がり、呼吸する際に空気と一緒に吸い込んでしまいます。ハウスダストは皮膚炎や鼻炎、結膜炎、喘息などの原因になります。

近年、これらアレルギー疾患による患者数は増加傾向にあります。これは高気密高断熱の家が増え、ダニが好む温度が保たれるようになったこと、さらに室内の換気不足が原因で増加し続けているためと考えられています。

 

<空気のキレイな家で、快適な毎日を>

いかがでしょう、換気の必要性をご理解いただけたでしょうか。目先の電気代を気にして24時間換気を止めると、節約した電気代以上の医療費が掛かることにもなりかねません。給気口から入り込む外気が寒いと感じれば、熱交換型の換気装置を設置すれば解決します。

断熱気密にこだわって「健康・快適・省エネ」な家づくりを目指したとしても、24時間換気を止めれば「健康面」で台無しとなってしまいます。その影響は体の小さいお子さんの方が大きいです。健康で安心な住まいを作るためには、空気の質にまでこだわる必要があります。24時間換気をきちんと行なって、空気のキレイな家で快適な毎日を過ごしましょう。

トップに戻る