HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

高断熱住宅のメリットとは?

<光熱費削減よりも大きな高断熱のメリット>

高断熱住宅のメリットの一つに、「光熱費を安くできる」ということがあります。これは確かにその通りなのですが、このことばかりに注目すると「初期コストと軽減できる光熱費を天秤にかけると、あまりお得感を感じない」と結論づけてしまうかもしれません。しかしそれは大きな誤解です。高断熱住宅には、光熱費を安くできるより大きなメリットがあるのです。

 

<高断熱住宅は健康住宅>

それは何か。高断熱住宅は身体を健康に保つ健康住宅だということです。高断熱ではない住宅は、暖まった場所と寒い場所とに寒暖差が生まれます。特に北側のトイレや浴室などと暖まった部屋とを比べれば、その差が15度になるケースもあります。

このような極端な寒暖差のあるところを移動した場合、血圧や脈拍が乱れ心臓や血管に大きな負担をかけることとなります。一般的にヒートショックと呼ばれている現象です。ヒートショックの年間死亡者は約1万7000人。これは交通死亡事故者数の4倍に上る計算です。家の中の寒暖差は、健康にとって大きなリスクとなるのです。

 

 

 

<北陸の気候に適した高断熱を取り入れよう>

日本は昔から、我慢することを美徳ととらえていました。その名残でエネルギーを使い部屋の温度を一定に保つよりも、我慢して節約しようと考えてしまうのです。しかしそれは誤った考え方です。場所によって寒暖差のある家に暮せば、ヒートショックで体調を悪くします。結露によってカビやダニが発生すれば、シックハウス症候群を引き起こす可能性も出てきます。結果的に、我慢して節約した以上に医療費が掛かってしまいます。高断熱の設備投資を行なわずリスクを抱えながら暮らすのは知恵のある生き方とは言えないのです。

 

どの部屋も寒暖差が少なく快適な生活を送れる高断熱住宅は、健康に生活するためになくてはならないもの。
断熱性能の高い家へ引っ越したら、疾患が改善したというデータもあります。また、北陸は一年を通して湿度が高く、湿気による断熱材の経年劣化に気をつける必要があります。ちなみに当社のプレウォール工法は、湿気の影響を受けない断熱構成となっていますので性能が長期間持続します。

長期にわたり住み続ける住宅ですから、健康に暮らせるものにしたいですよね。高断熱住宅を建てることで、快適で健康、そして光熱費削減もできる生活を実現しましょう。

 

 

 

 

トップに戻る