HWLABO 北陸型木の住まい研究会

家づくりお役立ち
ウェブマガジン

断熱性能の高い家づくり【Part.1】
~なぜ断熱性能の高い家がいいのか~

 

住み心地に直結する断熱性能ですが、その大切さはまだ浸透していないようです。専門用語が多くて難しく感じてしまう人が多いのでしょうか。

 

また断熱・気密性を重視して家を建てた人は、満足度が高いデータもあります。

 

 

デザインや間取りにこだわる人は大勢いますが、ぜひ断熱性能にも目を向けてください。いかに生活動線の優れた間取りや素敵な外観だとしても、冬に足元が寒かったり暖房費が高かったりすれば満足度は下がってしまいます。

 

ここで断熱性能の大切な理由を3つご紹介します。

 

<1 冬の寒さ・夏の暑さの影響を受けにくい>

 

壁・床・天井と家全体がしっかり断熱されていれば、外の寒さや暑さの侵入を防ぎます。外気の影響を受けにくくなり、冷暖房で快適に調節した室温を外へ逃がすこともありません。

 

 

<2 室内の温度差が小さい>

 

暖かい空気は上へのぼり、冷たい空気は下へおりてくる性質があります。断熱性能が低いと、暖められた熱が天井の部分から逃げ、床の部分は冷たい空気ばかりになります。大人は足元が冷えますし、特に床に近い位置が生活空間の小さなお子さんは体全体が寒くなりがち。

 

また外の寒さの影響を受け、窓や外壁側は寒く部屋の中央は暖かいなど場所によって温度差も生じます。

 

 

<3 冷暖房費がお得に>

 

外気を入れず家の空気を逃げにくくすれば、室温は維持されます。冷暖房に頼ることなく年間を通して快適な室温を保ちやすくなります。

 

その結果、冷暖房の使用頻度が減り、省エネな設定温度で効率よく室温をキープしてくれます。冷暖房費が安くなるのはもちろん、エアコンなどの負担が減って修理・買い替えの出費も抑えることができます。

 

 

 

快適な室温を実現できるだけでなく、電気代の節約にもなる高断熱住宅。少し興味が出てきましたか?次回は、「断熱性能が高いと健康に過ごせる!」についてご紹介。断熱は快適なだけでなく、家族の健康にも関係があるのです。お楽しみに。

 

断熱性能の高い家づくりコラム

 ▷【Part.2】~断熱性能が高いと健康に過ごせる!~

 

トップに戻る